DESTINAZIONE TURISTICA EMILIA

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Stati generali della ricerca Piacenza

Ricerca veloce
パーソナルツール
This is SunRain Plone Theme
現在位置: ホーム / "piacere, Piacenza" / ピアチェンツァ市 - The town / ピアチェンツァの歴史 - town history / 武功黄金記章を受賞したピアチェンツァ Città di Piacenza Medaglia d'oro al Valor Militare

武功黄金記章を受賞したピアチェンツァ Città di Piacenza Medaglia d'oro al Valor Militare

Piacenza Medaglia d'oro al Valor Militare

古くからこの地に培われてきた精神を貫き、多数の死者を出しながらも20か月におよぶ厳しい戦闘を戦い抜いたピアチェンツァは、第一期イタリア国家統一運動で「第一子」の栄誉を獲得しました。

射殺、虐待、収容所への送還、略奪と家屋の崩壊を受けても住民の意思は揺るがなかったのです。イタリアと言う聖なる名前のもとに結束し、圧倒的多数の敵に対しても戦いを挑み続けたことが不滅の勝利へ導いたと言えます。

戦いが終焉を迎えた日々には、住民たちは彼らの家や自由、国家を取り戻し、殉死した犠牲者を称え、三色のイタリアの国旗を市の塔から揚げました。

 

1943年9月8日から1945年4月28日まで

 

1996年、イタリア共和国大統領オスカー・ルイージ・スカルファロにより武功黄金記章がピアチェンツァ市に授与され、ナチズムとファシズムの独裁政権からの解放を試みて多くの犠牲はらったピアチェンツァ市民の尽力が認められました。

パルチザン部隊(非正規軍)は1945年4月28日の朝、占拠から開放されたピアチェンツァ市に入りました。この日を境にピアチェンツァの戦後の日々が始まるのです。

2017年07月13日 - 2015年08月24日

Share |