DESTINAZIONE TURISTICA EMILIA

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Stati generali della ricerca Piacenza

Ricerca veloce
パーソナルツール
This is SunRain Plone Theme
現在位置: ホーム / "piacere, Piacenza" / ピアチェンツァ市 - The town / 観光名所 - what to see / 博物館と美術館 - museums / ガッツォーラ財団付属美術学校と絵画館(美術・博物館) Istituto Gazzola – Scuola d'Arte – Pinacoteca

ガッツォーラ財団付属美術学校と絵画館(美術・博物館) Istituto Gazzola – Scuola d'Arte – Pinacoteca

 

住所: via Gazzola, 9
Tel: 0523 322754
E-mail: info@istitutogazzola.it
URL: http://www.istitutogazzola.it/museo.asp

 

> 開館時間
博物館はピアチェンツァ博物館ネットワークに賛同しています。

 

 

ガッツォーラ財団付属美術学校は、1771年3月20日に陸軍大将フェリーチェ・ガッツォーラ伯爵の遺志によって建てられました。この貴族が残した遺産は信徒の集まりに寄贈され、ピアチェンツァのガッツォーラ家が所有していた宮殿内に美術学校を開校することが決定されました。19世紀に活躍したピアチェンツァの有能な芸術家たちは全てこの学校を基盤に活躍しました。19世紀にはいると、この学校の隣に絵画館が併設され、学生達の作品が展示されるようになり、たちまち若者の絵心を触発しました。1838年にこの美術学校はチェーザレ・マルテッリ博士の寄付により42点の作品を購入しました。その中でも特にアントニオ・カンピの作品やフランドル派と称されたジャン・マウロ・デッラ・ローヴェレ、ミラドーリ、ピオーラ、ジョバンニ・アンドレア・デ・フェッラ―リ、グイドボーノ、ボニファッチョ、ピターティやアルトドルファー工房の作品、マッティア・プレーティ、ジュセッペ・マリア・クレスピ、デッラ・ヴェッキア、ベネデッティ・ルーティ、ルイージ・ムッシ、カルロ・マリア・ヴィガノーニなどが有名です。この寄進につづく他の寄付で美術館内には多数の絵画が展示されていますが、中でも若きガスパーレ・ランディが描いた≪ヘクトルのアンドロマケとの出会い≫≪ヘクトルのパリス叱責≫は詩人イッポリート・ピンデモンテが彼の詠んだ詩の中で称賛しています。

2018年07月09日 - 2015年08月20日

Share |