DESTINAZIONE TURISTICA EMILIA

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Stati generali della ricerca Piacenza

Ricerca veloce
パーソナルツール
This is SunRain Plone Theme

エミリア街道 Via Emilia

 

 

エミリア街道(329,300Km)は、古代ローマ時代の執政官マルクス・アエミリウス・レピドゥスによって紀元前189‐187年にかけて整備されたピアチェンツァとリミニを直線でつなぐ街道です。この主要道路は、兵力をより早く移動させると言ったような軍事目的だけではなく、一般市民の移動や全ローマ帝国の商品の発送にも欠かせないものとなりました。それに加えエミリア街道は二本の重要な古代ローマ街道をつなぐ道でもあったのです。一本はローマからリミニをつなぐフラミニア街道で、もう一本はポストゥミア街道です。これによりピアチェンツァからヴェネト地方にあるイタリカ(現イタリア半島)最端のローマの支配地アクイレイアにも行くことができたのです。エミリア街道は現在でもエミリア・ロマーニャ州の中でもっとも重要な街道で、この街道の名前から州の名前が付いています。その後、国道9号線と改名されミラノまで延長されました。

2016年11月12日 - 2015年08月11日

Share |