DESTINAZIONE TURISTICA EMILIA

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Stati generali della ricerca Piacenza

Ricerca veloce
パーソナルツール
This is SunRain Plone Theme
現在位置: ホーム / "piacere, Piacenza" / 散策 - itineraries / 19世紀と20世紀のピアチェンツァ - Piacenza between the 19th and 20th centuries

19世紀と20世紀のピアチェンツァ - Piacenza between the 19th and 20th centuries

古代ローマの軍事植民地として築かれたピアチェンツァは、中世半ばに栄え、ファルネーゼ家の執政によって優遇され、「イタリアの第一子」とも命名されました。イタリア統一後はイタリアの過去と現在をつなぎ、革命と保守勢力の間で、コスモポリタニズムと地域社会をつなぐ存在となりました。近代化が進むと必然的に過去を見直す契機となり、朽ちた建物は修復され、新しいスタイルの未来を見据えた近代的な建物が次々と建て加えられていきました。豪奢な貴族邸宅が建てられた時代から公共施設の建築へとつながり、教育施設、地域の建築規定などが設定されていきました。町は城壁の外にも拡大していきます。そこに製造所が軒を連ねることからもわかるように、ピアチェンツァの町は労働によって成り立っています。今日に至っては、それらの施設は当時の産業建築の様式を知る上で貴重な資料となっています。

 


See Piacenza between the 19th and 20th centuries in a bigger map

 

Download the brochure in PDF format

Share |