DESTINAZIONE TURISTICA EMILIA

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Stati generali della ricerca Piacenza

Ricerca veloce
パーソナルツール
This is SunRain Plone Theme
現在位置: ホーム / "piacere, Piacenza" / 散策 - itineraries / ピアチェンツァとジュゼッペ・ベルディ - Piacenza and Giuseppe Verdi

ピアチェンツァとジュゼッペ・ベルディ - Piacenza and Giuseppe Verdi

ジュゼッペ・ベルディ(レ・ロンコレ村パルマ公国1813年生、ミラノ1901年没)は、1840年代から1800年代末にかけてイタリアの歌劇界を風靡した作家です。「ヴェルディは、全く新しい声そのものだった。イタリアの純血種で、手なずけることのできない芸術家であり、永久に満足を覚えることがなかった。威厳があり、勇猛果敢にイタリア歌劇の伝統を守り続けた」[フランチェスコ・ブッシ]

ジュゼッペ・ベルディと彼の音楽は、今では世界中の人々にとって世界遺産のような存在ですが、ピアチェンツァとその近郊のピアヌラッチャと呼ばれる平原には、ロンコレの郷に生まれた彼が通った場所、巨匠が好んだ隠れ家、天才的なインスピレーションを得た場所が残されています。

ピアチェンツァ郊外のサンタガタの町は、ヴェルディが「自分の村」と好んで住み、数々のたぐいまれなオペラを生み出しただけでなく、自ら農作物の栽培をし、生きた芸術、経済、政治に関する興味をはぐくんだ土地でもあります。気前のいいパトロンとしても知られていました。

 

 


See Piacenza and Giuseppe Verdi in a bigger map

 

Download the brochure in PDF format

Share |